南房総に移住したがんばれるごはん・竹内彩さん直伝! 大人も子どもも楽しめるお月見鯖カレーレシピ

FOOD

自己紹介

竹内彩(旧姓 澤田)

1982年生まれ・2児の母。現在、元アスリートの肩書きとお料理の特技を生かし、アスリートフードマイスターとして栄養指導や料理教室をしています。2019年に家族で農地を購入し、千葉県・南房総に移住をしました。季節の野菜を育てたり自然に近い生活をしています。

生涯のパートナー・修平とは、日本体育大学のラクロスつながりで出会い、4年交際し、6年解散した後、結婚。

出会ってから19年。結婚8年目。大切な気の合う相棒であり、お互いワクワクする楽しい事が大好きな夫婦です。今の私があるのは修平のおかげです。ラクロスは私の人生を豊かにしてくれています。

ラクロス選手歴

●所属チーム
・2001年〜2004年:日本体育大学女子ラクロス部(2003年、2004年関東学生リーグベスト12/2004年関東学生優秀選手賞)
・2005年〜2011年:FUSION(2008年全日本選手権優勝、2011年全日本選手権準優勝)
●選抜チーム
・U20関東選抜(2002年)
・日本代表(2004〜2005年、2008年〜2009年、2010年)※2005年、2009年W杯参加

ラクロスコーチ・スタッフ歴

●所属チーム
・明治学院大学女子ラクロス部AC(2010年〜2011年)
・慶応義塾大学女子ラクロス部AC(2012年〜2013年)
・FUSIONスタッフ(2013年)
・青山学院大学女子ラクロス部AC(2014年〜2018年)
●選抜チーム
・U19日本代表AC(2007年)
・U20関東選抜AC(2009年)
・U18関東選抜AC(2015年)
・U19日本代表 栄養指導サポートスタッフ(2019年)

がんばれるごはん竹内彩(@ganbarerugohan)です。

2019年4月に千葉県南房総市に自然を求めて移住してきました。5才、3才の男の子2人の母ちゃんをしています。

私は“料理好きの食いしん坊”です。元アスリートという肩書きを組み合わせて次男出産後にアスリートフードマイスターを取得し、アスリートの栄養指導やお料理教室を開催したりしています。がんばる人、がんばりたい人を食でサポートします。また我が家の畑で育てたニンニクや唐辛子などを加工して道の駅で販売もしています。

食べることは生きること。

私がこだわる食はその時の情報と直感で日々変化します。研究者ではないので正解はわからないけど料理で幸せが広がればいいと思っています。自由気ままに我が家の食や暮らしを発信していくので温かく見守っていただけると嬉しいです。シンプルに家族が笑顔で健康でいられることを大切にしていきたいです。

ここで最近の我が家の様子をチラリ。十五夜にお月見パーティーをしました。お庭でお月様を見ながら夕食を食べようというイベントです。献立はお月見カレー。

カレーはザクザクお野菜入れてよく作ります。市販のルウは使いません。玉ねぎさえあればカレーは家にあるもので大体何とかなると思っています。

この日は豚肉があったのでポークカレーでいく予定でいたのですが、早朝から釣りに出かけていた夫君がなんと大きな鯖を2匹も!!!鯖を調理する時間がない!

……鯖カレーにしよう!夫君は3枚おろしまでしてくれるので中骨とって皮を剥がすのみ。最高です。

お月見鯖カレーレシピ

[材料(8皿分くらい)]

  • 玉ねぎ:3〜4個
  • ニンニク:1片
  • しょうが:1片
  • 鯖(鯖缶で代用可):2匹
  • 人参:1〜2本
  • トマトピューレ:200g
  • 舞茸:1P
  • レンコン:適量
  • なす:1〜2本
  • お好みのオイル:適量
  • 塩:適量
  • ローリエ:あれば1〜2枚
  • スパイス(point参照):適量
  • ケチャップ…お好みで
  • ソース:お好みで
  • 醤油麹(しょうゆ):お好みで
  • 卵:人数分

①玉ねぎをみじん切りでもざく切りでもその時の気分で。私は8割大きめみじん切り2割薄切りが多いです。→お鍋にお好みのオイル、ニンニク、しょうがのみじん切り、玉ねぎを入れて、塩を振って炒める。

[point]玉ねぎはじっくり炒めたいのでこの作業をなるべく早くスタートして、炒め始めてからほかの準備をしています。

②みじん切りのにんじんを入れる。塩もパラリ。

③玉ねぎが透明になってきたら、鯖とローリエを入れます。炒めながらほぐす感じです。塩もパラリ。

[point]ローリエの葉に切り込みを入れると香りが増します。

④鯖にある程度火が通ったら、手でざっくり割いた舞茸、いちょう切りにしたレンコン、ナスをいれます。塩もパラリ。

⑤追加の野菜が馴染んだらトマトピューレを入れる。

⑥スープを味見してみて旨味がでていればスパイスを入れていきます。我が家は無水鍋で調理しているのでこの時点で程よい水分が出ていますので水は追加しません。水分が足りないかな?と思う場合はここで水を足しましょう。

ケチャップ、ソース、醤油麹(しょうゆ)、クミン、コリアンダー、ターメリックを入れる。

⑦味見をして塩で調整する。トッピングに目玉焼きと蒸したじゃがいもを用意しました。

できあがり〜

レシピのpoint

【塩】

食材をいれる度に塩?と思った方もいるかもしれません。そうです。旨味出しに塩を入れてます。

毎回入れてるとしょっぱくなりそう、というときは加減しましょう。パラリと一振りくらいで十分。

面倒くさくて塩を入れるのを忘れそう、という方は食材全て入れて(塩以外の調味料は入れない)、塩を入れて少し煮込んでください。塩だけでびっくりするほどの出汁がでます。野菜と塩だけでスープになるくらい。おためしください。

【スパイス】

お子様向けに作る場合、コリアンダー4・クミン2・ターメリック1の3種類があればカレー味になるので、この割合でお試しください。

がっつりスパイスカレーにはお好みで、ガラムマサラ、ブラックペッパー、カルダモン、グローブ、チリペッパー(唐辛子)、パプリカパウダー、シナモンを足します。

我が家は子供用スパイス3種にプラスしてチリペッパー以外のがっつりスパイスの少量を入れ、さらに大人が食べる時にはガラムマサラとチリペッパーをプラスして食べます。

【栄養】

サバに含まれるビタミンDは骨や歯の成長を助け、ビタミンB12は貧血予防に役立ちます。

トマトに含まれるリコピンには免疫力アップが期待でき、うま味成分のグルタミン酸も含まれています。ショウガやカレー粉のスパイスで体も温まります。

【アレンジ】

パスタにかけたり、パンに塗ってチーズを乗せて焼いてもおいしくいただけます。

竹内彩さんのInstagramはこちら:@ganbarerugohan

コメント

タイトルとURLをコピーしました